2012.06.26

マンチーニ、イングランド代表の敗因に「リーグ疲れ」を指摘/ユーロ2012

 マンチェスター・Cを率いるロベルト・マンチーニ監督は、プレミアリーグがウインターブレイクを導入しない限り、イングランド代表が主要な大会でタイトルを掲げることは難しいだろうと述べた。
 
 イングランドは24日、イタリアとベスト4を賭け対戦。PK戦までもつれ込んだ勝負はイタリアに軍配が上がり、イングランドはユーロ2012から敗退することとなった。タイトルから見放され続けているイングランド代表について、マンチーニは『Rai Radio 2』で「イングランドの選手は、10か月間休まずにプレーした代償を受けている」とコメント。「非常に疲れた状態で大会に臨んでいる」とも指摘し、プレミアリーグで選手に蓄積した疲労を問題視した。
 
 また、マンチーニはユーロ決勝のカードについてもコメント。「ファイナルマッチは、イタリア対ポルトガルを予想している」と語り、母国の決勝進出を望むのはもちろん、ポルトガルが前回王者を退けることになるだろうと予見している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る