FOLLOW US

スペインがフランスを下しベスト4進出…史上初の大会連覇へ一歩前進/ユーロ2012

 ユーロ2012準々決勝が23日に行われ、スペインがフランスを2-0で下し、準決勝進出を決めた。

 大会連覇を目指すスペインは、FWの選手を置かないゼロトップの布陣。フランスはグループリーグでは右サイドバックを務めていたマテュー・ドゥビュシーを一列上げ、右サイドバックにはアントニ・レベイエールが入った。

 先制点を挙げたのはスペイン。19分、アンドレス・イニエスタが左サイドをオーバーラップしたジョルディ・アルバへパスを出すと、アルバがDFを振り切りクロスを上げる。これをファーサイドに走りこんだシャビ・アロンソが頭で合わせてゴールネットを揺らした。

 同点に追いつきたいフランスは、スペインゴールに迫るものの、フィニッシュの精度を欠いてしまう。64分にはジェレミ・メネズ、65分にサミール・ナスリ、79分にはオリビエ・ジルーと攻撃的なカードを次々と切るものの、なかなか局面を打開することはできない。

すると、スペインは後半ロスタイムにPKを獲得。これをX・アロンソが確実に決めて止めを刺した。代表通算100試合目で2ゴールを挙げたX・アロンソの活躍もあり、スペインが史上初の大会連覇に向けて一歩前進している。


[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO