2012.06.23

大会初先発に応えたクローゼ「選手層の厚さは大きな武器」/ユーロ2012

 ユーロ2012は22日、ドイツ代表が4-2でギリシャ代表を下して準決勝に駒を進めた。フィリップ・ラームのミドルシュートで先制したドイツ代表は、後半に入りミスをきっかけにギリシャ代表に追いつかれたものの、サミ・ケディラ、ミロスラフ・クローゼ、マルコ・ロイスが相次ぎゴールネットを揺らし、一気に3点差として勝負を決めた。

 ここまで3ゴールを挙げているマリオ・ゴメスを抑え、ワントップに起用されたベテランストライカーのクローゼは、大会初スタメンで結果を残せたことを素直に喜んだ。

「スタメンのチャンスを貰えたうえ、ゴールを決めることができ、幸せを感じている。選手層が非常に厚いのは、ドイツの大きな武器だ。僕達は誰がピッチに立っても高いパフォーマンスを見せることができる。実際、今日の試合でも多くのチャンスを作り、それをゴールに結び付けた」

 また、同点弾を浴びたわずか6分後に貴重な勝ち越しゴールを挙げたケディラは、底力を発揮したチームのパフォーマンスに納得した。

「準決勝に進出することができ、もちろん嬉しいね。慌しい展開にしてしまったが、そこからポテンシャルを発揮してリズムを上げることができた。チャンスの数でもギリシャを圧倒したので、勝利は妥当な結果と言えるだろう」

 一方、「クローゼとロイスが初先発でゴールを挙げたことは大きい」と述べるなど、主将らしい一面を見せたラームは、勝利に浮かれることなく準決勝に向けて気を引き締めた。

「立ち上がりの10分から15分は圧倒的に主導権を握り、何の問題もなかった。だが、その後チームは大きくスローダウンし、軽率なプレーも増えてしまった。準決勝ではこのようなことは防がなければならない。今日の序盤のような素晴らしいプレーを、試合を通じて継続的に見せることが求められる」

[写真]=兼子愼一郎

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る