2012.06.23

カシージャス、スペイン代表のパワーダウンを認める/ユーロ2012

 スペイン代表GKイケル・カシージャスは、ユーロ2012において同代表がここ最近の大会で見せつけてきた強さを発揮できていないことを認めた。それでもスペイン代表のキャプテンは23日のフランス戦について、前線のタレント力で優位にあると語った。 『ESPN』が報じている。

「フランスは素晴らしいチームだ。簡単な試合になると思っている人は誰もいない。ユーロにおいて、苦しむのは当然のことだ。決勝トーナメントまで来ればなおさらだよ。己の力で全てを勝ち取らなければならない。フランスは世代交代に立ち向かっている素晴らしい監督がいる。高いクオリティを備えているよ」
 
「僕たちには前線の選手において、フランスよりも優れている。ただ、カリム・ベンゼマにとって23日はツキがない日であってほしいね」
 
「ここ数年、僕たちは目標をとても高く設定してきた。だからこそ、期待も高くなってくるが、そのことを理解しているかどうかは重要ではない。良いチームであるということが大事だ。例え、これまでのような戦いが出来ていなくてもね」
 
 またカシージャスは、その強いライバル関係から、レアル・マドリードとバルセロナの選手の間に生じた摩擦についても言及している。
 
「過去に起きた出来事は解決した。昔からとても難しく困難な問題だね。でも、僕たちはもう今までのことについて笑い合っている」

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る