2012.06.22

ミランのガッリアーニ副会長、“問題児”バロテッリを欲す「彼の獲得は夢」

 ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長は、マンチェスター・Cのマリオ・バロテッリへの関心を認めた。ただ、同選手の獲得について実現する可能性は低いとも語っている。
 
 2011-12シーズン、バロテッリは何度も騒動を起こし、一時はロベルト・マンチーニ監督から売却も示唆されたが最終的にシティのリーグ優勝に貢献。問題児であること、そしてライバルクラブであるインテルの元選手であることを差し引いても、ミランにとってバロテッリは魅力的な選手のようだ。
 
 その一方で、ガッリアーニ氏はバロテッリ獲得が難しいことも理解している。イタリア『スカイスポーツ』の取材に応じた同氏は、「私には多くの野望がある。しかし、おそらくバロテッリがミランのユニフォームを着ることは夢のままだろう」とコメントを残した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る