2012.06.21

チェフがC・ロナウドを警戒「彼は究極のストライカー」/ユーロ2012

 ベスト4入りを賭けたこの戦いを前に、チェコ代表の2大看板であるチェルシーのGKペトル・チェフとアーセナルのMFトマシュ・ロシツキーが、ポルトガル代表の大黒柱であるレアル・マドリードのFWクリスティアーノ・ロナウドについて、英紙『ザ・サン』とのインタビューで異なる見解を示した。

 まず、チェルシーの守護神として、マンチェスター・U在籍時代のC・ロナウドと何度も顔を合わせた経験を持つチェフは、その並外れた能力を警戒した。

「クリスティアーノ・ロナウドは究極のストライカーだ。左右両足でいかなるポジションからも強烈なシュートを放ってくるので、本当に危険な選手だ。僕はこれまで彼とは何度も対戦してきたので、今回はその経験を生かしたい。とはいえ、僕達はチーム全体で彼を止めなければならない。彼には驚異的なスピードがあるので、スペースを与えないことが何よりも重要となる」

 一方、ギリシャ代表とのグループリーグ第2戦での負傷から回復し、今回の一戦でのスタメン復帰の可能性が浮上したロシツキーは、同じくプレミアリーグで対戦経験のあるクリスティアーノ・ロナウドに対して、チェフとは一転して厳しい指摘を行った。

「彼は素晴らしいアタッカーだが、ディフェンスをする気はない。確かに、極めた選手に対しては、守備面のサポートが免除され、ゴールだけを狙うことが認められる場合もある。とはいえ、彼が世界最高の選手かどうかは、正直言って分からないね」

 ロシツキーはまた、ポルトガル優位との前評判にも注文をつけると同時に、準決勝進出に自信を見せた。

「ポルトガルが優位と言われているようだが、どこに根拠があるんだろうね。決勝トーナメントに進出したチームはいずれも強豪だ。ささいな事が勝敗を左右するといっても過言ではない。もちろん、僕達にとってポルトガル戦は、今回のユーロで最も難しい試合の1つになるだろう。だが、勝機は十分にあると感じている」

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る