2012.06.20

運が良かったことを認めるホジソン「我々にはツキがあった」/ユーロ2012

 イングランドは19日、ウクライナと戦い1-0で勝利を収め、グループDの首位通過を決めた。イングランド代表を率いるロイ・ホジソン監督は、ウクライナ戦に関して多少の運があったことを認めている。『スカイスポーツ』が報じた。
 
  2試合の出場停止処分が明け、今大会初めてピッチに立ったFWウェイン・ルーニーが決勝弾を決め、スリーライオンズ(イングランドの愛称)は勝ち点3を獲得。ウクライナに何度も押し込まれたが、GKジョー・ハートの好セーブや、映像ではゴールラインを割っているように見えた相手FWマルコ・デビッチのシュートがノーゴールとジャッジされる“疑惑の判定”もあり、イングランドは何とか虎の子の1点を守り切った。試合後、ホジソンは次のように語っている。
 
「開催国との試合だったので、アウェー戦となった。6万人の観衆の中にイングランドサポーターはたった4000人しかいなかった。ただ、少しの運を必要とした時や、ボールがゴールラインを超えていたかもしれないシーンで、我々にはツキがあった」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング