2012.06.20

ガッリアーニ副会長、ボアテングのレアル移籍に関する報道を完全否定

 ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長は、レアル・マドリードのMFケヴィン・プリンス・ボアテングへのオファーを拒否したという噂について、そのような事実はないと語った。
 
 イタリアでは、レアルがボアテング獲得に向け、ヌリ・サヒンとラサナ・ディアラとのトレードを画策しているのではないかとの情報が流れた。ガッリアーニ氏は金銭による獲得を望み、このオファーを拒否したとも報じられている。その一方で、カカが交渉に含まれていれば、事態は変わっていたとも伝えられた。
 
 しかし、ガッリアーニ氏はイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で次のように語り、これらの情報を全面的に否定した。
 
「レアルがボアテングを求めてきたことは決してない。カカがミランに復帰することも100%ないよ。彼はまだレアルとの契約を3年も残しているし、イタリアの税制度では払えない給料だ」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング