2012.06.20

ロジャース新監督、標榜するスタイルを語る「リヴァプールらしいサッカーを」

 リヴァプールの新監督に就任したブレンダン・ロジャースは、目指すサッカースタイルについてクラブの公式HP上で語った。
 
 ロジャースは、2011-12シーズンに指揮を執ったスウォンジーではバルセロナのサッカーを参考にしていたことを明かした。しかし、リヴァプールでは他のチームの哲学を導入せず、レッズ(リヴァプールの愛称)らしいスタイルをベースに戦っていくと述べた。
 
「ここで私がやりたいサッカーは、まさにリヴァプールらしいものだ。このクラブの歴史と伝統は、攻撃的かつ規律正しいフットボールとともにある」
 
「繰り返すが、リヴァプールらしいサッカーを基本として戦っていくだろう。ボールを持っている時は試合を支配し、ない時は献身的にハードワークをこなす。そしてなるべくシンプルな試合展開を行う。もちろん、私が加えたいある哲学もあるが、原則として選手たちがベースになる」
 
 一方でロジャースは、勝つサッカーを求められていることも理解している。
 
「サポーターも私たちも、みんな勝つフットボールを望んでいる。我々の仕事は勝利することであり、勝つことを最優先するよ。その上で、人々を惹きつける魅力的なサッカーをしていきたいね」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング