FOLLOW US

まさかの3連敗で敗退のオランダ指揮官「責任は私にある」/ユーロ2012

 ユーロ2012のグループB、ポルトガル対オランダが17日に行われ、2-1でポルトガルが勝利した。2連敗ながら最終節にグループリーグ突破のわずかな希望を残していたオランダは、まさかの3連敗でユーロの舞台から姿を消した。試合後、オランダ代表のベルト・ファン・マルヴァイク監督が記者会見に臨んでいる。『UEFA.com』がその模様を伝えている。

 ファン・マルヴァイク監督は試合を振り返り、「出だしはよかった。グレゴリー(ファン・デル・ヴィール)のバックパスからチームが不安定になった。試合を我々の流れにする機会はたくさんあった。初戦でデンマークに負けたことから不安定になったんだ。今日もゴールを奪われ不安定なままだった。2点目を奪えていれば自信が湧いただろう。初戦も多くのチャンスを決めていれば違うチームを見せられたはずだ」とユーロ初戦の敗北から立ち直れなかったチーム状態を嘆いた。

 さらに、「2得点差をつけて勝つことが負担になった。試合開始直後はよかったが、その後はダメだった。失望している。いい試合を見せられなかった責任は私にある」と述べながらも、「決定力が無かった。この試合もいくつかミスでポルトガルが息を吹き返し、なぜか選手たちも普段の力を出せなかった」と続け、敗退に落胆していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA