2012.06.18

中国でのスペイン・スーパー杯は白紙か…レアル、バルサの“2強”が拒否

 スペインのリーガ王者とコパ・デル・レイ王者が新シーズンの開幕前に対戦するスペイン・スーパーカップが、2013年から7年間のうち5回、中国の北京で開催することが1日にスペインサッカー連盟より発表されている。しかし、この決定をレアル・マドリードとバルセロナが拒否したと、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 同紙は、12日に行われたリーガ・エスパニョーラに所属するクラブとスペインサッカー連盟で行われた会合の席で、レアル・マドリードとバルセロナの2チームのみが拒否を申し入れたという。2チームとも地元のファンが見られなくなることを理由に挙げており、スペインサッカー連盟はアジア市場を開拓しようとしている2チームの拒否は想定外だとしている。

 中国での開催により、スペインサッカー連盟は3000万ユーロ(約30億円)の収入を見込んでおり、うち300万ユーロ(約3億円)ずつを出場チームに払う予定であったが、“2強”の拒否により、中国での開催自体が白紙になるのではと報じられている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
3pt
マンチェスター・U
3pt
リヴァプール
3pt
欧州順位をもっと見る
ヘルタ・ベルリン
1pt
バイエルン
1pt
ケルン
0pt
欧州順位をもっと見る
アスレティック・ビルバオ
3pt
アラベス
0pt
アトレティコ・マドリード
0pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング