2012.06.17

ロシア代表監督、ユーロ敗退に落胆「ギリシャ戦は勝つべき試合」/ユーロ2012

 ロシアは16日、グループA最終節のギリシャ戦を戦い、0-1で敗れた。同時刻に行われたポーランド対チェコの試合で、チェコが勝利したためロシアとギリシャが勝ち点4で並んだが、直接対決を制したギリシャの2位通過が決定。首位で最終節を迎えたロシアだったが、まさかのグループリーグ敗退という結果に終わってしまった。ロシア代表を率いるディック・アドフォカート監督は、ギリシャ戦について勝つべき試合だったと敗北を悔やんだ。『スカイスポーツ』が報じた。
 
 アドフォカートは「我々は攻めた。ギリシャはただディフェンスするだけだった。我々はチャンスを得点に変えることができなかったが、公平に見ても我々のプレーが悪かったとは思わない」とコメント。内容では勝っていたと語り、20本以上のシュートを打ちながら、得点に結び付けられなかったことを嘆いた。しかし、「我々は、この試合で勝つべきだった。だが、これもまたサッカーだ。ギリシャには大いに賛辞を送るよ」と語り、土壇場で決勝トーナメントへの切符を掴みとった対戦相手を称えた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る