2012.06.17

V・ボメル、代表への非難に反論「4年間何の批判もなかったのに…」/ユーロ2012

 PSVのオランダ代表MFマルク・ファン・ボメルが、ユーロ2012における同代表への批判に対し、理解を示しつつも反論している。『スカイスポーツ』が報じた。

 オランダは、グループリーグでデンマークとドイツに敗れ、最終節を残し勝ち点0で最下位に沈んでいる。決勝トーナメントに進出するためには、17日に行われる最終節でドイツがデンマークに勝利し、オランダがポルトガルに2点差以上で勝利することが条件だ。今大会の優勝候補とうたわれながら、瀬戸際に追い込まれたオレンジ軍団には批判が集中している。しかし、ファン・ボメルは批判に対し、次のように異を唱えた。

「僕らを批判している記事を読んだし、理解もしている。しかし、その批判に正当性があるとは思わない」

「ここ4年間、僕らは堂々と威厳を持ち、国を代表して戦ってきた。何の批判も受けなかったよ。今や何の価値もないかのようだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る