2012.06.16

混迷のグループA、開催国ポーランドは決勝T進出なるか/ユーロ2012

 ユーロ2012のグループリーグもとうとう最終局面を迎える。全チームに準々決勝進出の可能性が残されたグループAは、チェコがホスト国のポーランドと、ギリシャがグループA首位のロシアと対戦する。勝ち抜けの条件は以下の通り。

チェコ: 勝利で勝ち抜けが決定。引き分けの場合、ギリシャがロシアに5点差以下で勝利する以外で勝ち抜けが決定。
ポーランド: 勝利で勝ち抜けが決定。
ギリシャ: 勝利で勝ち抜けが決定。
ロシア: 引き分け以上で勝ち抜けが決定。敗れた場合、5点差以内の敗戦でもう一方の試合が引き分けの場合勝ち抜けが決定。

 チェコvsポーランドの一戦は、チェコの司令塔でありキャプテンでもあるトマシュ・ロシツキーのコンディションが鍵を握りそうだ。チェコは前節のギリシャ戦で後半開始からロシツキーを失うと、中盤が急激に停滞し、失点後はキャプテン不在がたたったのか、チーム全体が腰砕け状態になってしまった。第3節は完全なるアウェー環境となるので、ロシツキーが不在となる場合は、明確なプランBとフィールドプレイヤーの中にキャプテンシーを発揮できる人材が求められる。ポーランドは、この試合でもゲームプランの主軸となるであろう、ヤクブ・ブワシュチコフスキを中心とする右サイドからの攻撃が威力を発揮しているの が心強い限りだが、腰が重いフランツィシェク・スムダ監督のベンチワークが気になるところだ。

 ギリシャvsロシアは試合の立ち上がりに注目したい。ギリシャは今大会、例外なく試合の入り方が悪い。さすがにフェルナンド・サントス監督も修正に躍起になっているだろうが、急造のセンターバック・コンビは不安を抱えたままだ。一方、引き分けでも勝ち抜けが決まるロシアは、余裕を持って試合に入る事ができる。なお、この2チームは2004年大会、2008年大会、そして今大会と、3大会連続でグループリーグ同組となっており、過去2大会はロシアが勝利している。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る