2012.06.16

ウクライナ指揮官「プレーのレベルを高める必要がある」/ユーロ2012

 ユーロ2012グループD第2節が15日に行われ、フランスと開催国ウクライナが対戦した。激しい雷雨のため試合は前半4分に一時中断されるも、約1時間後に再開。フランスが2-0で勝利を収めた。
 
 ウクライナを率いるオレフ・ブロヒン監督が試合後、以下のように語っている。『UEFA.com』が伝えた。
 
「前半はまったくイーブンだった。プレーには満足しているが、プラン通りに運ばなかった。グループリーグを通過できなければスウェーデン戦の勝利は何の意味もない。選手たちもそう思っているだろうし、彼らと真剣に話し合うよ。ユーロはウクライナリーグとは違う。我々は試合ごとにプレーのレベルを高めて行かなければならないんだ」
 
「2失点目の後に動きが止まったことは失望している。ハーフタイム以降、あらゆることが悪い方向に転がり、最初の失点につながった。その後2失点目を喫して、すべてが終わった。原因を分析するよ。もちろん、ファンも私もハッピーじゃない。でも結果は変えられないんだ」
 
「ピッチコンディションの影響は両チームとも同じだろう。フランスのほうが適応が早かったのかもしれない。だが、彼らは世界でもベストのチームのひとつで、この大会の優勝候補なんだ。まだ1試合、イングランド戦が残っている。それに向けて、我々は適切な準備を進めなければならない」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る