2012.06.16

M・ラウドルップ氏がスウォンジーの指揮官に就任…2014年までの2年契約

 スウォンジーは、ミカエル・ラウドルップ氏が監督に就任することを発表した。契約期間は2014年までの2年契約となる。
 
 2010年からスウォンジーを指揮し、ウェールズのクラブでは初のプレミアリーグ昇格へと導いたブレンダン・ロジャース前監督が6月に去り、リヴァプールの監督に就任。後任候補にはM・ラウドルップ氏のほか、ブラックプールのイアン・ホロウェイ監督、元オランダ代表FWでアヤックスのコーチを務めるデニス・ベルカンプ氏らの名も挙がっていた。
 
 スウォンジーのチェアマンであるヒュー・ジェンキンス氏はクラブの公式HPで、「契約成立を喜んでいる。ミカエルには明確な展望がある。それに、スウォンジーで良い仕事をするために何が必要か、過去数年で我々がいかに進歩してきたかを理解してくれている。偉大なフットボーラーとしての彼の評価に疑いの余地はない。だが我々は、彼が持つ監督としての資質も評価しているんだ」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る