2012.06.15

指宿洋史がロンドン五輪予備登録入りに「素直に嬉しいが最終選考を待つ」

 セビージャに所属するU-23日本代表FW指宿洋史が、14日に行われたユーロ2012グループCのスペイン対アイルランドの一戦を、アディダス ジャパン フットボールのツイッターとアディダス ジャパンのGoogle+で生講義。試合後には、Google+の「ハングアウト」機能を使って一般ユーザーからの質問に答えた。

 今回は、「アディダス フットボール大学」の企画の一環で、指宿がツイッターを使って試合を解説した。

「シャビのオーガナイザーとしての素晴らしさはゲームを作る、バランスを見る、2列目から飛び出す、コンビを組んでいるシャビ・アロンソの動きを見る、ダビド・シルバが中に入ってきたら連係するなど、とにかくすごい選手。僕と同じチームのアルバロ・ネグレドはぜひ出てほしいですね。彼はグラウンドに立っていると迫力がありますし、技術もある。総合的にいい選手だと思います。一番最初にトップチームの練習に行ったときに、バスの席の隣がネグレドだったんですよ。緊張していたんですけど、打ち解けて『ゲームしようぜ』と言ってくれましたね。彼はジェントルマンでした」

「スペインサッカーは見た目は華麗ですが、かなり激しいんですよ。今、ピッチに立っている選手もそれを経験して、代表に選ばれている。グラウンドの中に入ると日本もスペインも違いはないと思います。どちらもプロとしてやっていますからね」

 また、シルバがゴールを決めたシーンでは「これは素晴らしい! Ole! Ole! Ole! 最初のコントロールが本当によかった。相手が前にいたのにその状況で落ち着いていたのもよかったですね」と興奮した様子だった。

 試合後には、お互いの顔を映像で見ながら話をすることができるGoogle+の「ハングアウト」機能を使って、一般ユーザーからの質問にも応答。「スペインのような完璧に近いチームでプレーしたいと思いますか?」という問いには、「サッカーは攻めているときが一番楽しいと思うのでぜひやってみたいですね」とコメント。さらにロンドン・オリンピックに臨むU-23日本代表の予備登録メンバー35名に選ばれたことについて聞かれると、「まだ予備登録の段階ですし、次の最終選考を待つしかない。素直に嬉しいというのはありますけど、本メンバーの発表を待つしかないですね」と言及した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る