2012.06.14

スウォンジーの新監督、M・ラウドルップ氏が濃厚に…週末にも交渉成立か

 空席となっているスウォンジーの監督候補として、クラブはミカエル・ラウドルップ氏にターゲットを絞ったようだ。『スカイスポーツ』が伝えている。
 
 2010年からチームを率いていたブレンダン・ロジャース氏が6月に退任し、リヴァプールの監督に就任。そこでクラブは、ウィガンで監督のアシスタントを務めるグレアム・ジョーンズ氏、ブラックプールのイアン・ホロウェイ監督らにアプローチをしたものの折り合いがつかず、M・ラウドルップ氏が新監督の最有力候補として浮上した。M・ラウドルップ氏の母国デンマークで会談の場が設けられ、今週末にも交渉がまとまる可能性が出てきたようだ。
 
 現役時代、鋭いドリブルが武器の攻撃的MFとして名を馳せたM・ラウドルップ氏は、ユヴェントス、バルセロナ、レアル・マドリードなどでも活躍。1996年にはJFL(当時は2部相当)に所属していた神戸に入団、Jリーグ昇格に貢献し1997年まで日本でプレーしている。引退後はブレンビー、ヘタフェなどの監督を歴任後、2010年にはマジョルカの監督に就任するも、昨年9月にオーナーとの確執により辞任していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る