2012.06.14

レイナ、ロジャース新監督を歓迎も「哲学を浸透させるには時間が必要」

 リヴァプールのスペイン代表GKペペ・レイナは、新しく監督に就任したブレンダン・ロジャースについて、彼の哲学を浸透させるには時間が必要だとクラブの公式HP上で語った。
 
 リヴァプールは、2011-12シーズン指揮を務めたケニー・ダルグリッシュ前監督を解任。後任として、スウォンジーを率いていたロジャースを招へいした。同シーズン、昇格組ながらパスサッカーでインパクトを残したロジャースの手腕が評価された。
 
 現在ユーロ2012のためイングランドを離れているレイナは、リヴァプールに戻るのが楽しみだと語りつつ、ロジャースのサッカーを浸透させるには時間がかかることも認めた。
 
「リヴァプールに帰るのを楽しみにしている。将来について、とても楽観的に考えているよ。ロジャースの招へいは素晴らしい決断だと思っているし、リヴァプールにとって来シーズンがより良いものになってほしいね」
 
「2011-12シーズンのスウォンジーについてはかなり見た。ああいうサッカーは、僕がいつも好んでいるものだ」
 
「スウォンジーのサッカーは僕のスタイルに合っているし、リヴァプールにとって大変有益なものになるだろう。ただ、ロジャースには時間が必要だ。彼のサッカーを浸透させなくてはならないからね。一朝一夕に身につくものではないんだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る