2012.06.14

窮地に立たされたオランダ指揮官「チャンスがあるなら信じる」/ユーロ2012

 ユーロ2012グループB第2節が13日に行われオランダとドイツが対戦。ドイツが2-1で勝利し、オランダは2連敗となった。グループリーグ突破の可能性こそ残すものの、厳しい立場に追い込まれたオランダ代表のベルト・ファン・マルワイク監督が試合後、以下のように語っている。『UEFA.com』が伝えた。
 
「もちろん失望した。いいスタートは切ったんだ。最初の20分間は目指すプレーができていた。我々に何度か惜しいチャンスがあり、突然ドイツのゴールが生まれたんだ。彼らにスペースを与えすぎたよ。後半はドイツの弱点がいくつか見えてきた。特に(ロビン・)ファン・ペルシーのゴールの後はね。ただ、今日は我々に運がなかった」
 
「デンマーク戦もそうだが、攻撃の時はとても勇敢だった。だが、力強さやディフェンスの勇気が足りなかった。自分たちを信じて戦い続けたんだけどね。私は、3トップにスピードと創造性が備わった4-3-3の布陣が好きだ。だが今日のような展開への対策は不十分だったと認めざるを得ない」
 
「グループリーグを通過するチャンスはまだ残されている。チャンスがあるなら信じよう。ドレッシングルームでも選手たちにそう言ったし、選手たちも同じように感じているはずだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る