FOLLOW US

元フランス代表FWヴィルトールが現役引退を発表…ユーロ2000優勝に貢献

 11日、フランス・リーグドゥ(2部)のナントは、シルヴァン・ヴィルトールが現役を引退することが決定したと発表した。

 ヴィルトールは1974年生まれの38歳。フランスリーグのレンヌの下部組織で育ち、1991年にトップチームに昇格した。1997-98シーズンにボルドーへ移籍すると、翌シーズンには22得点を挙げてリーグ優勝に貢献。2000年にはアルセーヌ・ヴェンゲル監督に評価されてプレミアリーグのアーセナルへ引き抜かれる。同クラブではティエリ・アンリやロベール・ピレスなど、フランス代表の同僚と共に03-04シーズンの無敗優勝に貢献した。しかし、次第に出場機会が減少。フランス国内のクラブを渡り歩いた末、2011年にナントへ移籍していた。

 小柄な体格ながらスピードと豊富な運動量を生かした果敢なプレーと、途中出場でも高いパフォーマンスを見せる適応能力に優れたウイングとして活躍したヴィルトール。フランス代表としてはユーロ2000の優勝に貢献するなど、通算92試合に出場、26得点という記録を残している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO