2012.06.13

ドローにポーランド指揮官「落ち着いていた」ロシア指揮官は「残念」/ユーロ2012

 ユーロ2012グループAの第2節が12日に行われ、開催国ポーランドはロシアと1-1のドローに終わった。試合後の両チーム監督のコメントを『UEFA.com』が伝えている。

 初戦ギリシャ戦に続いての引き分けとなった開催国ポーランドのフランチシェク・スムダ監督は、「プレッシャーはあったが初戦ほどではなかった。サポーターの声援は心強かった」と試合を振り返った。グループ突破には勝利が必要な次戦については「この後は休養して回復に努める。今日はチェコに勝てる実力があることを示せたよ。決勝トーナメント進出ができることはみんながわかっている。チャンスを手にするため、どんなことでもするよ」と闘志を燃やしている。

 ロシアのディック・アドフォカート監督は「私たちの方がいいプレーを見せた。特にイゴール・デニソフがベストのプレーをしたよ。相手サポーターの大観衆の前での、この結果は悪くないね。お互い賞賛すべき内容だったが、チャンスを多く作ったのは我々だと思う」と一定の満足感を示しながら、ドローの結果を残念がった。

 全チームにグループステージ突破の可能性があるグループAは16日に、勝ち点2のポーランドが同3のチェコと、同4のロシアは同1のギリシャと対戦しグループステージ突破を狙う。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る