2012.06.12

チョン・テセが韓国メディアに激白「北朝鮮代表をやめようと思ったことがある」

 ケルンに所属する北朝鮮代表FWのチョン・テセが、韓国のテレビ番組『ヒーリングキャンプ』に出演し、2010年南アフリカ・ワールドカップのグループリーグで3戦全敗した北朝鮮チームの当時の状況を振り返った。韓国紙『朝鮮日報』が報じている。

 チョン・テセはポルトガル戦で0-7と大敗した当時を振り返り、「大敗を喫したのは、ハーフタイムのときの僕の行動が原因。全ては僕のせいだ」コメント。また、自分のコンディションを整えるだけでよかった日本でのプロ生活と異なり、北朝鮮では用具からユニフォームの洗濯まですべて自分たちでしなければならず、「北朝鮮代表をやめようと思ったことがある」と明かしたが、「純粋で、互いに尊重し合える選手たちがいて励まされた」と話している。

 また、韓国紙『中央日報』では、南アフリカ・ワールドカップ後に監督や選手が炭鉱で働かされたという噂について話している場面を紹介しており、チョン・テセは、「僕もその噂をドイツで聞いた。それは絶対ありえない。ワールドカップ出場だけでも選手たちは英雄になった」と噂を否定。ポルトガル戦の中継が途中で中断されたという噂には、「僕にはよくわからないが、そういうこともあるかもしれない」とコメントしている。


[写真]=足立雅史

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る