2012.06.12

早くも正念場のチェコ、ロシアはグループリーグ突破を決められるか/ユーロ2012

 大会5日目はグループリーグの第2節が幕を開ける。初戦の結果を受け、各チームこの2試合目に向けたゲームプランやスタンスに明確な差が出始めるが、時にこの差異が勝敗の鍵を握る妙薬として機能する。

 グループAの第2節は、ギリシャ対チェコ、そしてポーランド対ロシアという組み合わせになった。退き引きならないのはチェコ。このギリシャ戦で負けてしまうと、もう一方の試合の結果に関係なく、この大会からの敗退が決まってしまう。多少の余裕を持って戦えるのはロシア。勝てば無条件でグループリーグ突破が確定する。また、ロシアは勝ち点3を取り逃したとしても、最終節はすこぶる相性の良いギリシャ戦が控えている。

 この日の第1試合となるギリシャ対チェコのポイントは、ギリシャのセンターバックだ。ギリシャは初戦でアヴラアム・パパドプロスとソクラティス・パパスタソプロスの二人の先発センターバックをそれぞれ負傷退場とレッドカードで失っており、このチェコ戦に使う事ができない。キリヤコス・パパドプロスを、中盤から一列下げたコンスタンティノス・カツラニスと組ませるか、あるいは控えのステリオス・マレツァスと組ませるものと思われるが、いずれにせよ、この急造センターバックをギリシャがしっかりと機能させされるか、あるいはチェコがそこをしっかりと突けるかがこの試合の鍵となる。

 第2試合では共催国のポーランドがロシアと対戦する。ポーランドはグループリーグ突破へ向け、最低でも勝ち点1が欲しい所だが、それには中盤の守備組織をソリッドにしなければならない。初戦ではここの甘さが目立ち、ギリシャに最終ラインとGKの間のスペースをいいように使われてしまった。ロシアは、フリーに動き回るアンドレイ・アルシャヴィンの空けたスペースをイゴール・デニソフとコンスタンティン・ジリアノフが効果的に使いながら攻撃を組み立てるので、仮にポーランドが初戦と同様の過ちを犯したとすると、一気にワンサイドゲームになる可能性は否めない。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る