FOLLOW US

敗戦に落胆するイブラ「もっと強気になるべきだった」/ユーロ2012

 ユーロ2012グループD第1節が11日に行われ、開催国ウクライナがスウェーデンを2-1で下した。先制ゴールを挙げるも初戦で喫した手痛い敗戦を振り返り、スウェーデンのFWズラタン・イブラヒモヴィッチが試合後に以下のように語った。『UEFA.com』が伝えている。
 
「まだユーロから敗退したわけじゃない。得点する絶好のチャンスもあったんだ。1-0でリードしていたのに逆転されてしまった。ありえないよ。だが、まだ2試合あるんだ。状況が良くなるチャンスもある」
 
「前半は少しナーバスになっていたが、後半は良くなった。プレーが良くなってボールがおさまり、少しは強気になれた。だけどサッカーでは、物事が上手く回り始めた途端に失点を重ねることがあるんだ」
 
「集中しなくちゃいけない。偉大な2チームとの試合が待っているんだ。次は今日の我々よりも良くなるだろう。そのための準備をする。我々は学んだよ。リードを守るためには、もっと強気にならなきゃいけないことをね」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO