2012.06.12

モウリーニョがスペインのゼロトップを疑問視「貧弱に見えた」/ユーロ2012

 ユーロ2012グループC第1節が10日に行われ、スペインがイタリアと対戦。1-1の引き分けに終わった。
 
 この試合でスペインが採用したゼロトップという予想外の布陣について、観戦していたレアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督が否定的な意見を語った。スペイン紙『マルカ』が報じている。
 
 モウリーニョ監督は、「ゴール前に危険をつくらないのなら、シャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタ、セスク・ファブレガスのパス交換が良いことだとは思えない。スペインの中盤の選手たちの働きは素晴らしい。だが、ストライカーのいないチームは貧弱に見えた」と、スペインのフォーメーションに疑問を呈した。
 
 一方のイタリアの戦いぶりについては、「イタリアはかなり上に進めるよ。アンドレア・ピルロらの中盤がスペインを苦しめていた。初戦で素晴らしい印象を残したね」と評価している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る