FOLLOW US

フランスとイングランドは互いに譲らず1-1のドローで終了/ユーロ2012

 ユーロ2012グループD第1節が11日に行われ、フランスとイングランドが激突。結果は1-1の引き分けに終わった。

 21戦無敗のフランスとエースのウェイン・ルーニーを始め、主力選手を負傷で欠くイングランドの対戦は序盤から一進一退の展開となる。フランスはフランク・リベリーとサミル・ナスリ、カリム・ベンゼマらを中心に攻め込み、イングランドはジェイムズ・ミルナーがGKをかわしてシュートを放つなど両チームともに決定機を迎えるも得点が生まれなかった。

 拮抗した展開の中、最初にゴールネットを揺らしたのはイングランド。30分、右サイドからのFKをジョレオン・レスコットが頭で合わせてイングランドが先制。しかし、フランスも39分にリベリーが落としたボールをナスリが強烈なミドルシュートを突き刺して同点に追いついた。

 後半は選手交代などで状況を打開しようとした両チームだが、スコアが1-1から動くことはなく、引き分けに終わった。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO