2012.06.11

W杯南米予選でウルグアイがアルゼンチンを抜いて2位に浮上

 2014年ブラジル・ワールドカップ出場権を懸けた南米予選第6節の2試合が、10日に各地で行われた。

 前節にホームでベネズエラと引き分け、3位に転落していたウルグアイは、ペルーとホームで対戦。15分にセバスティアン・コアテスの得点で先制すると、30分にマクシミリアーノ・ペレイラが追加点を挙げた。

 しかし、2点リードの状況が一気に暗転。39分にディエゴ・ゴディンがオウンゴールを献上して、1点差に詰め寄られると、後半開始早々の48分には同点ゴールを許してしまう。

 追いつかれたウルグアイだったが、ここから地力を発揮した。63分にクリスティアン・ロドリゲスが勝ち越し点を奪うと、後半ロスタイムには、セバスティアン・エグレンがダメ押し点を奪取。結局、粘るペルーを振り払い、ホームで4-2の勝利を収めた。

 また、エクアドルがホームにコロンビアを迎えた一戦は、54分にエクアドルのクリスティアン・ベニテスが決勝点を奪取。1-0の完封勝ちを収めた。

 この結果、前日に勝利して6試合を消化しているチリが勝ち点12で予選首位。以下、同11のウルグアイが2位、同10のアルゼンチンが3位、同9のエクアドルが4位と、5試合を消化している3チームが続いている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る