2012.06.07

CLの雪辱に燃えるドイツの守護神ノイアー「僕にとってはチャンス」

 バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが、ユーロ2012に向けて意気込みを語っている。『UEFA.com』が伝えた。
 
 5月19日に行われたチャンピオンズリーグ決勝でPK戦の末にチェルシーに敗れ、あと一歩のところで優勝を逃したノイアーは、ユーロでの雪辱を期している。
 
「今大会はチャンスだ。特にバイエルンの選手にはね。何としてもこのチャンスをモノにしたい。僕にとっては、ちょうどいい時に迎える大会だ。もちろん僕の状況も変わっている。南アフリカのワールドカップ前は明確じゃなかったけど、今は僕がドイツの正GKだ。この責任を引き継ぐのは幸せだし、ベストを尽くすよ」
 
 オランダ、ポルトガルと同居する“死のグループ”を戦うことへは、「望んでいるのは優勝だけど、まずはスタートが大切だ。僕らのグループがどれだけ難しいかは、よく理解している。初戦を勝って少しでもプレッシャーを和らげたいね。前回のワールドカップも、オーストラリアに4-0で勝っていいスタートを切った。今回も同じようなことが起きるさ」と、自信を見せた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る