2012.06.07

アーセナルCEO、V・ペルシーの去就を急がず…決断はユーロ後に

 アーセナルのイヴァン・ガジディスCEO(最高経営責任者)は、ロビン・ファン・ペルシーの去就について急がない意向を示した。将来の決定はユーロ2012後になりそうだ。
 
 2011-12シーズン、リーグ戦で30ゴールを決め得点王に輝いたV・ペルシーだが、来夏で切れる契約を更新しておらず、移籍の噂が以前から浮上している。特に、マンチェスター・Cやバルセロナが強い関心を示しているという。
 
 去就について進展がないV・ペルシーだが、ガジディス氏はプレッシャーをかけることはしないと明言。クラブの公式HP上で、次のように語っている。
 
「我々とロビンは、シーズンが終わってから話し合いを行った。良い議論ができたよ。そのミーティングで、引き続き交渉を行っていくことを決めた。この決定について、我々は尊重しなければならない」
 
「ロビンは今ユーロ2012に集中している。我々も、彼の活躍に期待しているよ。去就については、しかるべき時に発表を行うだろう」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る