2012.06.06

チェコ代表、主将ロシツキーが待望の復帰 開幕戦出場にゴーサイン

 ユーロ2012開幕を前に、多くのチームが故障による離脱者を抱える中、チェコ代表ではアーセナルのMFトマシュ・ロシツキーが待望の復帰を果たした。

 先月13日に行われたプレミアリーグ最終節のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦でふくらはぎを故障したロシツキーは、ここまで別メニューでの調整が続けられてきたことで、一部では大会欠場の可能性も指摘されていた。だが4日、ロシツキーは負傷後初めて全体練習に合流すると、チームメートと同じメニューを問題なくこなした。

 これにより、ロシツキーはグループリーグからの出場に目処が立った模様で、ミハル・ビーレク監督も、8日に行われるロシア代表との初戦への起用を明言した。

「ロシツキーは開幕戦に出場することになるだろう。彼は今日、久々にフルメニューのトレーニングを行ったが、ここまでしっかりと準備を進めてきたおかげで、状態の良さを確認できたようだ。今シーズンはアーセナルでもコンスタントに出場しているので、数週間のブランクが影響を及ぼすこともないはずだ」

 ビーレク監督はまた、2006年から主将を務めるロシツキーがチームにもたらす影響力の大きさを強調した。

「ロシツキーはチームの鍵を握る選手だ。実際、彼は本日の練習でも、偉大な選手にふさわしい高い能力や強い意欲を示してくれた。素早い状況判断と正確なパスにより違いを生み出せる彼がプレーすれば、チーム力が数段はね上がることは間違いない」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
インテル
40pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る