2012.06.06

今季リーグ戦46得点のC・ロナウド「バロンドールは気にしていない」

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、年間最優秀選手賞であるFIFAバロンドールへの思いを語った。スペイン紙『マルカ』が報じている。

 C・ロナウドは、2011-2012シーズンのリーグ戦で自己記録となる46ゴールを挙げ、クラブの4シーズンぶりのリーグ制覇に大きく貢献。2008年以来、4年ぶりのバロンドール受賞に期待がかかるが、「バロンドールのことはあまり気にしていないよ」と発言。「一番大事だったのはリーガで、獲得が難しいタイトルなんだ。次はヨーロッパでのタイトルだよ」と、チームのタイトル獲得が最重要だったと語った。

 しかし、「投票者それぞれに好みはあるからね。自分同様にマドリードのメンバーにもノミネートされるだけの活躍を見せたことは間違いないよ」と続ける中、「バロンドールへの思いを隠すことはないよ。個人タイトルで頂点にあるものだからね」と、自身2度目となる受賞への希望ものぞかせた。

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る