2012.06.04

パリSGがT・シウヴァに関心も…ミラン副会長「残留させるためベストを尽くす」

 ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長は、パリSGのカルロ・アンチェロッティ監督がDFチアゴ・シウヴァに興味を持っていることを認めた。しかし、同選手の売却について改めて否定している。イタリア『スカイスポーツ』が報じた。
 
「アンチェロッティが私にチアゴについて尋ねたのは本当か? イエスだ」
 
「もし我々がお金のことしか考えなかったならば、チアゴを売却するのがベストだろう。しかし、我々はそのようなことは考えていない」
 
「我々は、チアゴを残留させるためにベストを尽くす。素晴らしい選手は、全員残しておきたいからね」
 
 今シーズン、T・シウヴァは負傷による離脱がありながらも、リーグ戦27試合に出場。ミランの守備に抜群の安定感をもたらした27歳のブラジル代表DFは、世界でも屈指のセンターバックと評されており、ヨーロッパの複数クラブから関心を寄せられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る