FOLLOW US

ベルギー戦でイングランド代表DFが相次いで負傷…ケーヒルは骨折の疑いも

 イングランド代表が2日、ウェンブリーで国際親善マッチを行いベルギーと対戦。1-0で勝利を収めた。
 
 この試合中にイングランド代表の2人のセンターバックが負傷、交代を余儀なくされている。DFギャリー・ケーヒルはベルギー選手に押されてGKジョー・ハートと衝突し、あごを強打。DFジョン・テリーはハムストリングに異常を感じた模様だ。
 
 試合後に2人の状態について語ったロイ・ホジソン監督のコメントを、『スカイスポーツ』が伝えている。
 
 テリーは、「ハムストリングに少しだけ違和感があるみたいだ」と軽症であることを強調し、念のために検査を受けていると説明した。ケーヒルについては、「あごのケガだから少し心配だ。検査で骨折が判明しないことを望んでいる。打撲程度ならいいんだが」と述べている。
 
 すでにチームを離脱したMFフランク・ランパード、MFギャレス・バリーに加え、ここに来て主力DF2人が負傷。ユーロ2012開幕を目前に控え、イングランド代表に不安が広がっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO