FOLLOW US

負傷を乗り越えたパーカー「ユーロを戦う準備が整った」

 トッテナムのイングランド代表MFスコット・パーカーは、自身の負傷について心配はないと述べ、「ユーロを戦う準備が整った」と語った。『スカイスポーツ』が報じている。
 
 パーカーはアキレス腱を負傷し、2011-12シーズンの終盤戦をほとんど欠場。ユーロ2012までにけがを治し、コンディションを整えられるのか不安視する声が上がっていた。
 
 しかし、パーカーは26日に行われたノルウェーとの親善試合で55分間プレー。ベンチに下がった後、アキレス腱を冷やす姿が見られたが、本人はコンディションについて良くなっていると語った。
 
「久々の試合だったけど、無事消化することができてうれしく思う。良い気分だよ」
 
「3日間、断続的に練習するのも久しぶりだった。状態は良いと思うし、何より安心している」
 
「負傷によりユーロを欠場しなければならないのではないか、という心配があったけど、うれしいことに問題は少しずつ解消している。ユーロを戦う準備が整ったよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO