FOLLOW US

バルセロナ一筋のプジョル、カンプ・ノウで引退宣言「40歳までプレー」

 バルセロナに所属するDFカルレス・プジョルが国外から舞い込んでいるオファーを断っている事を明らかにした。スペイン『El Mundo Deportivo』が報じている。

 プジョルにはロシアやUAEからのオファーが届いていた。しかし、バルセロナの下部組織出身であり1999年にトップチームに昇格して以来、バルセロナ一筋でプレーしてきたプジョルは、「カンプ・ノウでキャリアを終える」意思が強く、例えメガ・オファーであろうと受け入れる気はないという。クラブのメディカルスタッフも「40歳までプレーを続けられる」との見解を示すなど、自他共に“生涯バルセロナ”を望んでいる。

 先月34歳の誕生日を迎えたバルセロナのキャプテンは、5月6日に行なわれたリーガ・エスパニョーラ第37節エスパニョール戦で右ひざを負傷。手術は成功したものの、ユーロ2012の出場は断念した。
 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO