2012.05.26

イブラがミラン残留を強調…クラブの財政面の問題にも言及

 ミランのFWズラタン・イブラヒモヴィッチは、今夏の移籍を改めて否定した。イタリア『スカイスポーツ』が報じている。同選手には、マンチェスター・Cやレアル・マドリードへの移籍説が浮上していた。
 
 30歳のスウェーデン代表は、契約を全うすると語り残留を強調。しかしその一方で、財政的な問題がクラブを苦しめていることを認めている。
 
「ミランの問題は経済面にある。ただ、俺はミランとの契約を尊重する」
 
「現時点では、ミランは必要とする5人の選手を買うことはできない。すでにフィオレンティーナからリカルド・モントリーヴォを、ナンシーからバカイェ・トラオレを獲得した。あと1人加わるぐらいだろう」
 
「プレーするほど俺たちは良くなっていく。チェルシーが良い例だ。彼らは最も強いチームではなかったが、チャンピオンズリーグを制覇した」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る