2012.05.26

チェンバレン父、ユーロでの人種差別を懸念…ウクライナ行きを断念か

 アーセナルに所属するイングランド代表MFアレックス・チェンバレンの父親は、人種差別を懸念しユーロ2012が開催されるウクライナへ行くことをあきらめるかもしれないと語った。『スカイスポーツ』が報じている。
 
 ユーロ2012は、ウクライナとポーランドで共同開催される。しかしイングランドのファンと選手は、ウクライナのフーリガンから人種差別のターゲットにされる可能性が浮上。すでにアーセナルのテオ・ウォルコットは、家族をイングランドに留まらせる決断を下した。
 
 チェンバレンの父親であり元イングランド代表でもあるマーク・チェンバレン氏は、息子を応援するためウクライナへ行くことに不安があることを認めている。
 
「(人種差別について)とても心配している。不安が心の中から消えることは決してないだろう。行けるかどうかは、ウクライナの地方自治体の取り組み方次第だね」
 
「もちろん私は現地へ赴いて、息子がピッチに立ち代表デビューする姿を見たい。しかし、サッカーの試合よりも身の安全性の方が大切だ。大変残念なことだよ。人種差別を撲滅するために努力がなされてきたのにね」

[写真]=Akio Hayakawa/Photoraid.uk

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
ドルトムント
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る