2012.05.26

ベルバトフはパリSGへの移籍に興味か…代理人「CL出場を望んでいる」

 今夏マンチェスター・Uから退団することを決断したFWディミタール・ベルバトフは、パリSGへの移籍に興味を持っているという。代理人がフランスのラジオ『 RMC』で明かした。
 
 今シーズン、バルバトフは出場機会が激減。リーグ戦わずか12試合の出場に留まった。同選手は現状への不満を露にし、今夏の移籍を明言している。
 
 ベルバトフの移籍先としてすでにドルトムントが浮上しているが、パリSGも同選手の獲得に興味を持っているようだ。ベルバトフの代理人も、フランスの首都へ行くことについて選択肢の1つだと認めている。
 
「ディミタールの移籍について、たくさんの憶測が飛び交っている。しかし本当のことを言うと、彼はパリSGのプロジェクトにとても惹かれている。来シーズン、チャンピオンズリーグで戦うことを望んでいるからね」
 
「加えて、パリSGには今までブルガリア人プレーヤーが在籍したことはない。ディミタールにとって、これもプラスになるだろう」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る