2012.05.25

ユーロ2012に臨むロシア代表から2選手が離脱

 ユーロ2008ではベスト4に入り、ソビエト連邦崩壊以降での最高成績を収めたロシア代表が、ユーロ2012を前に5日間でDFラインの2選手が離脱するという事態に巻き込まれた。
 
 ロシア代表は20日、CSKAモスクワのDFヴァシーリー・ベレズツキーが、右足太ももの故障により大会を欠場することが決定した。不動のセンターバックであるベレズツキーは、およそ2ヶ月前に同箇所を負傷したものの、5月末までには復帰可能と見込まれていたため、11日に発表された暫定メンバーに入った。しかし、当初の予想よりも回復が遅れ、万全の状態で大会に臨めなくなったため、最終的にチームから離脱した。これにより、同じくCSKAモスクワに所属する同選手の双子の兄のDFアレクセイ・ベレズツキーが、DFイグナシェヴィッチとセンターバックのコンビを組む可能性が高まった。
 
 一方、ロシア代表は24日、ロコモティフ・モスクワのDFシシュキンも大会を欠場することを発表した。右サイドバック、センターバック、守備的ミッドフィールダーと様々なポジションでプレー可能なシシュキンは、先発でも途中出場でも力を発揮できることも重なり、ジョーカー的な存在となっていた。だが、ここにきて胃の不調により体重を一気に落とした同選手は、大会までの回復の見通しが立たなかったため、メンバーから外れることになった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
レヴァークーゼン
31pt
ライプツィヒ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る