2012.05.24

次のクラブにV・ボアスが望むのは「計画性」と「長期性」…代理人が明かす

 前チェルシー指揮官であるアンドレ・ビラス・ボアスは、来シーズン「計画性と長期性を備えた競争力ある」クラブで指揮を執ることになるという。『romagiallorossa.com』で代理人が明かした。
 
 V・ボアスは、3月にチェルシーの監督を解任。10-11シーズン、ポルトをリーグ戦無敗優勝に導いただけでなく、国内カップ戦とヨーロッパリーグも制し3冠を達成した34歳の青年監督は、今夏ローマやリヴァプールなど複数のクラブから関心を寄せられている。V・ボアスの代理人は、監督就任の条件について次のように語った。
 
「我々は、綿密な計画としっかりした根拠、長期的な視野を持ったクラブを探している。これらの条件が達成できないクラブに、V・ボアスが監督に就くことはないだろう。彼は監督業に戻りたがっているけどね」
 
「興味があるのは、高い計画性と、長期性があるかどうかだ。リヴァプール?繰り返すが、我々はとても強く競争力の高いクラブを求めている。我々にとって魅力的な環境を備えたクラブなら、どこでも考慮するだろう」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る