2012.05.22

スペイン代表がチェルシーの2選手を追加招集 トーレスのメンバー入りには賛否両論

 ユーロ2012で連覇を狙うスペイン代表は21日、チェルシーのFWフェルナンド・トーレスおよびMFフアン・マタの2選手を追加招集し、同大会に向けた暫定メンバーを23名にしたことを発表した。

 15日に発表されたリストでは、4日後にUEFAチャンピオンズリーグ決勝のバイエルン戦を控えるために招集を外れていた両選手だが、同試合をPK戦の末に制し、今後はクラブチームに続き代表チームでのヨーロッパ制覇へと向かうこととなった。

 なお、21日にマドリードで合宿を開始したスペイン代表は、22日からオーストリアのシュルンスで行われる合宿でユーロに向けた本格的な準備に入り、26日にスイスのサンクト・ガレンでセルビア代表とのテストマッチに臨む。そして、27日には本大会に向けた最終リスト23名が発表され、30日にスイスの首都ベルンで韓国代表と、6月3日にセビージャで中国代表とそれぞれテストマッチを行い、10日にイタリア代表とのグループリーグ初戦を迎える。

 トーレスおよびマタは、25日にチームに合流する予定となっているものの、翌日のセルビア代表とのテストマッチには欠場が濃厚と見られており、実戦での最終チェックの場が設けられないことから、27日に発表される最終リストでもメンバーに残る可能性が高まったと伝えられている。なお最終リスト23名には、25日にコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝を戦うバルセロナおよびアスレティック・ビルバオの選手が入ってくるため、その人数分の選手が暫定メンバーから弾き出されることになる。

 とはいえ、チェルシーで攻撃の要となっているマタのメンバー入りは大多数の支持を得ているものの、長引く不振によりレギュラーを剥奪されたトーレスの招集には賛否両論の声が上がっている。事実、スペイン紙『アス』がトーレスの代表入りに関するアンケートを行ったところ、支持が51%に不支持が49%と意見は真っ二つに分かれている。前大会決勝のドイツ代表戦では、試合唯一の得点を叩き出してスペイン代表を初のヨーロッパ王者に導いたトーレスだが、今大会では改めて実力を証明して周囲の雑音を封印したいところだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る