2012.05.22

大統領との握手を無視したシュバインシュタイガーが謝罪「麻痺していた」

 バイエルンMFのバスティアン・シュバインシュタイガーは、19日に行われたチャンピオンズリーグ決勝後のセレモニーで、ドイツのヨアヒム・ガウク大統領の握手を無視してしまったことについて謝罪した。
 
 バイエルン対チェルシーのチャンピオンズリーグ決勝戦は、1-1のまま両者譲らずPK戦までもつれこんだ。両チーム1人ずつ失敗して迎えた5本目、シュバインシュタイガーはPKを失敗。その後、チェルシーFWのディディエ・ドログバに決められて、バイエルンのホームでのチャンピオンズリーグ優勝は幻に終わった。
 
 大統領との握手に応じなかったシュバインシュタイガーは、公式HP上であまりにショックを受け、周りが見れる状況になかったと弁明し、謝罪した。
 
「(大統領を無視をしてしまったことは)誤解だ。僕の気持ちになって考えてくれる人や、写真を見てくれた人なら誰でも分かると思うが、僕はとても失望していて、周囲で何が行われているか全く気付いていなかったんだ」
 
「絶望していたし、落ち込んでいた。まるで麻痺したようだったよ。大統領の手が見えなかったんだ。この時、間違った印象を与えてしまったことは残念だ。大統領に謝りたい」

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る