2012.05.22

ドル会長が香川の移籍金額を約20億円に設定…移籍に影響か

 ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケ会長は、移籍を決断している日本代表MFの香川真司の移籍金額を発表した。同選手を獲得するためには、2000万ユーロ(約20億円)ほどが必要になるという。
 
 今シーズン、香川はリーグ戦で17ゴールを挙げ、ドルトムントのリーグ連覇に大きく貢献した。その後移籍を決断した香川だが、すでにマンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督との会談が報じられたほか、アーセナルやチェルシー、ミランも関心を寄せているとされ、今夏の移籍市場の注目銘柄となっている。
 
 しかし、ヴァツケ氏はドイツ『スポーツビルト』で、元々1500万ユーロ(約15億円)とされていた香川の設定金額を引き上げたことを発表している。
 
「我々全員が真司の能力と若さ、味方にもたらす価値について知っている」
 
「私は、バイエルンがGKのマヌエル・ノイアーに2200万ユーロ(当時のレートで約25億円)を払ったことも考慮している。彼はシャルケと1年の契約を残している状態だった。真司も同様の状況にある」
 
「これらの事実を考慮した時、我々がそれなりの金額を彼に設定するのは確かなことだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る