2012.05.22

スナイデルが長友批判に反論「誰よりもチームのためにプレーしている」

 インテルに所属するオランダ代表MFウェスレイ・スナイデルが、同僚の日本代表DF長友佑都が見せた今シーズンのパフォーマンスについて、自身の見解を語った。「ワールドサッカーキング(No.216)」のインタビューで語っている。

 スナイデルは、長友が守備面で批判を受けていることについて、「ユウトを批判する連中はサッカーを知らないんだと思う。サッカーを理解している人なら、誰よりもチームのためにプレーしているのがユウトだとわかるはずだけどね」と反論。長友のプレーを高く評価した。

 スナイデルは今シーズン、負傷離脱が相次いだこともあり、スタンドから試合を見つめることも多かったが、「もっと試合に出ていれば、ユウトを効果的に使えたはずだ」と主張。「ピッチ外で観戦している時、ユウトがいいタイミングでオーバーラップを仕掛けているのに、ただの『無駄走り』で終わっているシーンが何度も見受けられたからね」と、周囲が長友の特徴を引き出せていない様子を歯がゆい思いで見つめていたことも明かしている。

 長友は今シーズン、昨年1月に移籍したインテルで初めてフルシーズンを過ごし、リーグ戦ではチーム2位の35試合に出場していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る