2012.05.20

CL制覇を逃したハインケス監督「チャンスを生かせなかったことが敗因」

 チャンピオンズリーグの決勝戦が19日に行われ、バイエルンとチェルシーが対戦。1-1のスコアで迎えたPK戦で、チェルシーが4-3と勝利を収め、悲願の欧州初制覇を達成した。

 5度目の優勝を逃したバイエルンのユップ・ハインケス監督が、試合後に敗因を以下のように語った。『UEFA.com』が伝えている。

「チームは、非常に素晴らしい試合をした。数多くの得点機を生かせなかったことは悔やまなければならないね。83分に得点した後は、リードを守る必要があった。そして、延長戦ではPKを獲得したんだ。過去からわかるように、PK戦はくじ引きのようなものだよ」

「今日は、チェルシーが幸運なチームだったね。最もよく理解している戦い方をしてきた。彼らのパフォーマンスを祝福したいよ。彼らは闘志を示し、守備では規律を保ち、PK戦では必要な運に恵まれた。非常に苦い敗戦で、チームは落ち込んでいるよ。チェルシーの戦い方を責めることはできない。多くのチャンスがあったのだから、それをいかさなければならない。それができなかったのが、敗因だ」

「全て知り尽くし、気分よくプレーできるスタジアムで戦うのは、普通とは違うことだと言っていた。チームはホームであるかのように戦っていたね。データを見れば、あらゆる面で我々が上回っていたことがわかる。選手たちは非常に優れたパフォーマンスを見せたが、報われなかった。しかし、不公平なことではない。もっと得点すべきだったし、先制後はゴールを守り抜くべきだった。それができれば優勝を手にしていただろうね。だが、そのようにならなかったので、今はチェルシーを祝福することしかできないよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る