2012.05.19

モラッティ会長、スナイデルのインテル残留を希望「これからも主力を担う選手」

 インテルのマッシモ・モラッティ会長は、所属するオランダ代表MFウェスレイ・スナイデルの残留を希望している。
 
 今シーズン6位に終わったインテルは、来シーズンのチャンピオンズリーグに出場することは出来ない。そのため、スナイデルには移籍説が浮上していた。しかし、モラッティ会長は数人のスター選手については残留に自信を見せなかったものの、スナイデルに関しては留まらせるつもりだと『 Inter Club Malta 』で語った。
 
「我々は、ウェスレイはこれから先も主力を担う選手だと考えている。問題はないよ」
 
「ルシオ? 彼は最近我々に、将来について考慮していると明かした。だから、我々は彼にとって移籍することが良いのかどうか見てみるつもりだ」
 
「ディエゴ・フォルランについては? 多くの選手がインテルに留まることに幸せを感じている。しかし、我々は彼らが他でプレーした方が良いかどうか、何が起こるか見てみる必要がある」
 
 また、モラッティ会長は補強についても言及。ナポリのアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシの獲得に本腰を入れることを示唆した。
 
「今私が考えているのは、もしラベッシ獲得に向けた交渉が発生するならば、とてもスムーズに行われるだろうということだ。当然金銭面について考慮が必要になるがね」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る