2012.05.18

去就注目のジョヴィンコ代理人「彼にはシティなど欧州中からオファーがある」

 パルマに所属するイタリア代表FWセバスティアン・ジョヴィンコは、今シーズンのリーグ戦で15ゴールを記録するなど印象的な活躍を見せ、古巣であるユヴェントスを筆頭に様々なクラブから関心を寄せられている。ジョヴィンコの代理人であるクラウディオ・パスクアリン氏が、『スカイ・イタリア』の取材に応え、クライアントの将来について話した。

 パスクアリン氏は「(パルマの)トンマーゾ・ギラルディ会長が、彼の価値を4000万ユーロ(約40億円)と言っている? 良い代理人はこのような話を真に受けないが、賛成はできるね。ジョヴィンコはアレクシス・サンチェス(バルセロナ)やハビエル・パストーレ(パリSG)と同じ価値がある。ヨーロッパ中のビッグクラブがジョヴィンコに関心を示している。スペイン、ドイツやイングランドだ。特にマンチェスター・シティは獲得に本腰を入れている」とプレミア王者となったマンCを候補に挙げた。

 その一方で「(ユヴェントス監督のアントニオ)コンテがジョヴィンコをチームに加えようと思っている? 彼とは話したことがない。しかし、ユヴェントスと会談の予定はあるよ」と古巣復帰へも前向きな姿勢を示している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る