2012.05.18

ジェラードが数日間の思いを告白「監督解任は悲しいが来季の進化を期待」

 リヴァプール主将のMFスティーブン・ジェラードが、ここ数日間の自身の気持ちをクラブのオフィシャルHPで振り返っている。

 先日、現役時代の功績によりクラブのレジェンドと呼ばれていたケニー・ダルグリッシュ氏は、リーグ戦8位という不振を受けて監督の職を追われた。ジェラードは「最近はジェットコースターのようだった。ケニーがクラブを離れるのはとても悲しい。僕のアイドルだったし、これからもそうだ。僕のキャリアの一部分で彼と携われたことに感謝したい」とダルグリッシュの解任を残念がった。

 また、「ユーロ2012でイングランド代表としてベストを尽くすこと、来シーズンの終わりにはリヴァプールが競争力を取り戻して進化していることを考えている」とイングランドの新主将に任命されたユーロに照準を合わせるとともに、新シーズンのリヴァプールの進化を期待している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る