FOLLOW US

アクイラーニはミランへの完全移籍を望むも代理人「まだ話はない」

 今シーズン、リヴァプールからミランへレンタル移籍した元イタリア代表アルベルト・アクイラーニだが、ミランではけがもあり出場試合数を伸ばせず、ミランの買い取り義務が発生するリーグ戦25試合出場に届かなかった。そのため来シーズン再びリヴァプールに戻るかが注目されている。

 そんな中、アクイラーニの代理人であるフランコ・サヴァッリャ氏が、リヴァプールの地元メディア『Liverpool Echo』にアクイラーニの去就について語っている。

 サヴァッリャ氏は「もし彼がけがを負わなければ(ミランの買い取り義務が発生する)25試合出場は間違いなくクリアしていた。多くの問題点は解決できるだろう。ミランとはまだ話してはいないが、10日間くらいで状況はクリアになると思うよ。アルベルトはミランに残りたいんだ。でもリヴァプールとの契約が2年残っているし、彼らが何を考えているか様子を見てみよう」と語り、アクイラーニはミラン移籍を希望しながらもリヴァプール復帰についても考慮している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA